日本あんこ協会は『あんこ検定』の合格者が2019年12月17日に1,000名を超えたことを発表しました。

日本あんこ協会はあんこを掲げ、あんこを通して、皆が餡心できる社会の実現を目指しています。そしてあんこ検定とは、日本あんこ協会が2018年10月より行なっている、あんこに関する試験です。あんこ試験に合格することで、『あんバサダー』という称号のもと、日本あんこ協会認定あんこ女子・あんこ男子として広く普及活動をすることができます。正真正銘のあんこ好きであることが認められ、隠れあんこファンだった方もカミングあんこできるきっかけにもなるんだとか。


あんこ検定の合格率は52%と言われており、約半数の受験者が不合格という状況。しかしあんこ検定はまだ始まって1年2ヶ月ほど。日本あんこ協会のホールページではあんこに関する情報を学習できるそう。あんこにはまだまだ伸び代があり、これからも普及の余地がありそうですね。