eスポーツをもっと多くの人に気軽に体験してもらうために、各地でeスポーツジムを運営中のゲシピ株式会社。これまでのジムやイベント運営の経験を生かし、あらたにeスポーツを通じた地域コミュニティ活性化事業を開始しました。

地域コミュニティ活性化事業の第一弾として行ったのは、東京の虎ノ門にあるコミュニティスペース、新虎小屋で開催されたeスポーツイベントの運営協力。イベントには、eスポーツに興味のある学生や社会人が数多く参加。コーチによるプレイ解説もあり、プレイ経験に関係なく参加者全員が交流することを実現しました。「初めてのeスポーツだったけど、やってみたら楽しかった」「知らない人とすぐ仲良くなれた。ぜひまた開催してほしい!」と参加者の満足度も高い様子。今後も各地で地域コミュニティ活性化事業を展開予定とのこと。

eスポーツは初期費用の高さや、複数人で集まってプレイできる場所がないといった壁がありましたが、eスポーツジムによって気軽に参加できるようになりました。イベントを通じて、今参加意向が高まっているeスポーツがさらに注目を集めそうですね。