ランニングを楽しむ人々へ向けた様々なサービスを提供する株式会社ラントリップは、提供中のiPhoneアプリでランナー向けのSNS機能「ジャーナル」の提供を開始しました。


ラントリップは全国のランナーが思わず走りたくなる「道(ロケーション)」に出会えるランニングコースの投稿・検索機能を中心としたiPhoneアプリを提供しています。2019年5月からは「その日のランニング」を「1枚の写真」や「走るモチベーションの高まる専用スタンプ」などを全国のランナーに共有できる「ジャーナル」機能をテスト的に提供。現在累計で80万回以上の投稿に対する「ナイスラン!」が行われているほどの盛り上がりを見せています。今回ジャーナル機能が正式リリースにおいて、ラントリップのAndroidアプリもリリースされました。

手軽に始められる反面、続けられる人は少ないと言われるランニング。ランニングを始めた約70%の人は半年以内に辞めてしまうデータもあるそうです。そんなランニングを継続させるために効果的なのは、コミュニティ。ランニングという共通の趣味を通じて、楽しく続けられる人が増えていくことが期待できますね。