今注目されている動画マーケティング。動画といえば、やはりYouTubeですよね。近年はYouTubeチャンネルを活用している企業も多く存在します。とはいえ、ただ動画を上げていてもなかなかチャンネル登録者数や再生数は伸びません。そこで今回は、YouTubeというプラットフォームを上手く活用している企業を紹介します。

1.有限会社佐藤葬祭


佐藤葬祭ではお葬式でイヤな思いをする人が減るようにと、葬儀の知識を動画でわかりやすく発信しています。人気な動画は100万回以上再生され、チャンネル登録者数も7万を突破。「葬儀葬式ch有限会社佐藤葬祭」では、ただ動画を配信するだけでなく、定期的にライブ配信をしているのが特徴です。ライブ中のチャットではたくさんのコメントが寄せられており、リアルタイムで質問に答えたり、視聴者と交流したりしています。葬儀は誰もが関係のあることのですが、疑問に思うことも多いはず。自社の宣伝や信頼にも繋げられるいい活用方法だと思います。

2.カー用品のジェームス

カー用品のジェームスのチャンネルでは、車に関する豆知識やおすすめグッズを動画で紹介しています。中でも人気なのが、恋愛ドラマとカー用品とコミカルに組み合わせた連続10秒ドラマシリーズ。10秒と短い時間なので、つい次々と見てしまう魅力がありますね。もしもクルマと自分が入れ替わったら…?という動画も人気です。

3.キューピー

マヨネーズでお馴染みのキューピーもYouTubeチャンネルを開設しています。CMの掲載だけでなく、ドレッシングやパスタソースを活用したレシピ動画も配信。YouTubeには動画内にサイトへのリンクボタンを設置できます。レシピを参考にするときは動画で実際の手順を見たいときとテキストでさっと確認したいときとありますよね。キューピーではYouTube動画から詳しいレシピが載っているオウンドメディアや、特設サイトへ上手く誘導しています。

4.マネーの亀


「マネーの亀」は、野村證券株式会社と日本を代表するYouTuberプロダクションであるUUUMが運営しているチャンネル。株式用語や資産運用をわかりやすく解説しています。金融系は難しそうと疎遠されがちですが、YouTuberを起用したり、YouTubeで人気なドッキリ動画もあり、視聴者が興味を持ちやすいようなチャンネルに仕上がっています。UUUMと運営しているということで、サムネイル画像も目を引きやすいキャッチーな雰囲気です。


YouTubeを活用した動画マーケティングでは、視聴者に合わせたコンテンツ作りやプラットフォームの機能を上手く活用することが大事です。ユーザーが伸びているYouTubeを使ったマーケティングにも挑戦してみてはいかがでしょうか。